安心の創造と提供を。

このたびは、当ホームページへお越しくださいまして、誠にありがとうございます。
当社は2010(平成22)年より、若松区にてデイサービス事業を開始し、おかげさまで多くのお客様にご愛顧いただいております。

当社の理念である「安心の創造と提供」は、不快な介護をしないといった行動基準が根底にあります。人は、快いと感じることは十人十色ですが、不快と感じることはある程度共通していると考えています。そこで、良い介護を目指ことも大切ですが、それ以前に、悪い(不快)な介護に目を向け、それを徹底的にしないことが、結果的に、安心へとつながると考えています。

※怪護=悪い介護の造語

怪護レベル1 営業時間の問題や設備などが不十分など経営上の課題
怪護レベル2 お客様の生活の質の向上につながっていない
怪護レベル3 介護者として根拠のある対応ができない
怪護レベル4 敬語でない。口調が強い。お客様がそわそわされているのに気づかないなど
怪護レベル5 虐待をしたり普遍的な不快感を与えるレベル

これらを意識し行動するようにしています。

ニュース

働きやすいのかも!?

当デイサービスのお客様の人数は、1日平均30名前です。

職員は、1日あたり、12~14名(介護職員、看護職員、機能訓練指導員)います。ほぼ、マンツーマンの日もあります。

もちろん、全員がフルタイムではなく、10時からの勤務や15時までの職員もいますが、それでも、かなり充実していると思います。

職員の人数が多いと、パファーマンスは低下しやすいのですが、そうならないように工夫はしています。

人材不足と言われている中、当社で働いていただけることに感謝しています。

2020年10月17日

新米でのちらし寿司

IMG_8635

当デイサービスのお米は、行橋市で育ったお米です。

毎年、この時期に、採れたての新米でちらし寿司を作っています。

準備はお客様の協力を得てですが、おかげさまで、美味しいちらし寿司が出来上がりました。

いつも、ありがとうございます。

2020年10月16日

性格アセスメント

当デイサービスでは、ビッグ5理論等に基づいたサービスを提供しています。

神経症傾向が高い低い

外向性が高い低い

開放性が高い低い

協調性が高い低い

統制性が高い低い

これらの尺度から、あらゆる部分を特定しています。例えば、認知症がない方で、食べ物の持ち込みを禁止していても、何度も持ってくる方がいると思います。これらの行為だけで、性格の7割程度は分析できますし、どのように対応するのかもわかってきます。

また、デイサービスの利用を検討している場合、ビッグ5理論に基づき性格をアセスメントしていれば、最適な場所を選ぶことが可能になります。

ちなみに、検査ではNEO-PI-Rというものを使用しますが、当デイサービスではNEO-PI-Rは使用せずに観察法のみで実践しています。

そのうち、心理分析センターなどを開設しますので、その際は、また、お知らせします。

以上、当デイサービスのちょっとした実践についての紹介でした。

2020年10月16日

当デイサービスの入浴

当デイサービスの浴室は3つあり、脱衣室も完全に個室ためプライバシーも守られています。

更に、お湯は毎回抜いて掃除を行っているため、常に衛生的な環境でご入浴いただけます。

これって、当たり前のことのようですが、実際、お湯はそのままというところは結構多いです。大浴場であればまだしも、個浴でお湯をそのまま使うのは何となく抵抗があります。

もちろん、水道代など、経営的なことを考えると、非効率ではあります。

しかし、たかが数万円水道代がアップするくらいで、お客様が気持ちよく入浴できるのならば、それでいいではないですかというのが、私の考えです。

個浴で、しかも、座ったまま入浴できるシャワーキャリーも導入していますので、ぜひ、当デイサービスのお風呂をご利用ください。

2020年10月16日

寿退社&新入社員

当デイサービスで4年間頑張ってくれたM社員が、この度、寿退社となりました。今まで、癒しキャラとしてお客様にかかわっていただきありがとうございました。


このM社員に代わって入社した社員は23歳の女性社員。初日から、お客様に可愛がられています。

今後の活躍に期待しています。

2020年01月26日
» 続きを読む